Ocurus goでSKYBOXを使う時の操作方法

Oculus goなどで使用できる無料VRプレイヤーのSKYBOXの使用方法を簡単に説明します。

私も最初の方は知らなかったのですが、コントローラーのちょっとした操作で視聴が何倍も快適になりましたので、お役に立てたら嬉しいです。

目次

SKYBOXの操作方法

まずoculus goの各ボタンの名前は上の画像のようになりますので、ご参照下さい。

トリガーボタンでメニュー表示

トリガーボタンを一回押すとメニューが表示され、一時停止ボタンやシークバーが現れます。

シークバーの任意の個所にポインターを持っていき、トリガーボタンを押すとジャンプすることができます。

メニュー画面は一定時間放置するか、何もない場所でトリガーボタンを押すと消えます。

右下の歯車を選択すると詳細設定へ

メニュー画面、右下の歯車を選択すると詳細設定へアクセスできます。

詳細設定ではチルト(傾斜)、高さ、拡大縮小などが調整できます。

右下のボックスを選択すると画面設定できる

右下のボックスを選択すると、2D、3D、180°、360°、魚眼モードなどの画面切り替え設定ができます。

画面がおかしくなっている場合は、こちらから調整すれば大体直ると思います。

タッチパッドを左右にスワイプで早送り、巻き戻し

コントローラーのタッチパッドを左右にスワイプすることで数秒、スキップできます。

多分5~7秒くらいだと思いますが、これ個人的に多用してます。かなり便利です。

タッチパッドを上下にスワイプで拡大、縮小

タッチパッドを上下にスワイプすることで拡大・縮小が、その場で行うことができます。

拡大・縮小はメニューを経由することでも可能ですが、こちらの方が手軽ですね。

トリガーボタン長押しで視点変更

トリガーボタンを長押しすることで、視点を任意の場所に移動させることができます。(長押ししたままコントローラーで調整)

こちらもメニューの詳細設定で調整できますが、こちらの方法で調整した方が圧倒的に楽です。

目次
閉じる