ロジクールのマウスをG403からG603に変えた感想

今まで使ってたマウスを同じロジクールのG403からG603に変えたので、その簡単なレビューをしたいと思います。

ちなみに使用目的はPUBGと普段のPC作業の両方です。

G403からG603に変えた理由

G403に変える前は長年無線マウスを使っていたこともあり、マウスバンジーを使用してもケーブルの抵抗が気になったことが一つ目の理由で

二つ目はG403のマウスホイールの不具合(勝手にスクロールする、スクロールした方向と逆になる)が交換しても同じ症状が出るため、もう諦めて買い替えようと思ったからです。

G603を選んだ理由

ゲーミングマウスの中で無線かつ電源が長時間持ちかつ比較的安価(amazonで6000円強)が購入の決め手になりました。

現時点で僕が軽く調べたところ無線のゲーミングマウスで長時間電源が持つ機種は1万未満ではロジクールのG603しか無かったと思います(多分)。

※電池寿命

HIモード:500時間(ゲームプレイ時に使用)
LOモード:18ヶ月(普段使いに使用)

これは単三電池を二本使用した際の持続時間です。単三電池1本や単4電池にスペーサーをかませ使用した際の時間は明記されていませんでした。

G603の大きさ・持ちやすさ・外見など

それでは開封したG603の感想を簡単に述べていきたいと思います。

質感は全体的にツルツルした感じでG403のように側面もラバー無しですが特別滑りやすいということはありませんでした。

むしろラバーのベトベトした感じより個人的にはこっちの方が好み。

まとめるとG403と同様、普通に持ちやすいマウスと感じました。

▲裏面。G403と同じような感じでマウスパッド上での移動もそこそこ滑らか。

▲電池を入れる際は上部からガバっと空ける仕様です。

▲G403を左に置いてみました。大きさはほとんど変わらないのでマウスを変えたことによる違和感は余り感じませんでした。

G603の重さ

G603は電池の本数を変えることによって重さを調節出来ます。

実測で
単三電池×1本で113g
単三電池×2本で136G

電池を入れて持ってみるとやはり単三電池2本だとかなり重く感じます。単三電池1本でも、もう少し軽くしたいと思いましたので単四電池を単三電池に変換出来るスペーサーを買いに行くことに。

▲近所の100均を廻っているとキャンドゥの電池コーナーにありました。ちなみにセリアとダイソーには置いてなかったです。

▲スペーサー付きの単四電池(アルカリ)1本使用で104グラムと単三電池使用時より約10グラム軽量化出来ました。

たった10グラムでも結構違いはわかるもので、これぐらいだと重さは気にならないレベルです。

G603の操作感

まずクリック感はG403と余り差は感じなく軽快にクリック出来ます。ただクリック音は気になる程では無いものの少しだけ大きめかなと感じました。

ホイールはG403より少し軽めでこれは良かったですねG403は固くて使い辛いと思っていたので。ただ普段使い用のマウスよりは固いのでゲーム中に誤って触れて動いてしまう心配は無いと思います。

また選択できるHIモードとLOモードですが普段使いではLOモードで全く不自由は無いです。一応PUBG中はHIモードにしてプレイしていますが正直僕には違いがわかりません(笑)

G603の設定

G603のDPIやキーの割り当てを変更するにはロジクールゲームソフトウェアをインストールして行います。英語版と日本語版がありますが下のリンクは日本語版です。

http://support.logicool.co.jp/ja_jp/software/lgs

まとめ

耐久性などこれから使ってみないとわからない点がありますが1万未満の無線タイプのゲーミングマウスで電池が長持ちする機種かつ1万円未満なのはG603くらいなので、そのような目的で探している人にとってはピッタリの商品だと思います。

軽く使用してみた感触も中々良かったですし、何より無線に戻したことで開放感がありまくりです。

ただ普段使いだけの目的なら別にこのマウスじゃなくてもいいと思います。理由としては大きさと重さとホイールの固さです。

手が大きい僕ですらこのマウスは大きいと感じます(ゲーミングマウス全般大きめに作られてますが)。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA